So-net無料ブログ作成
検索選択
インドネシア アイドル ブログトップ
前の10件 | -

ヨーロッパで有名な インドネシアの歌手 Anggun アングン [インドネシア アイドル]

Anggun アングンは、インドネシアのシンガーソングライター。首都 ジャカルタ出身、1974年4月29日生まれ。本名は、Anggun Cipta Sasmi。

父親は、ジャワ人の作家 Darto Singo、母親は、ジョグジャカルタの王位家族出身。ジャカルタで育ち、イスラム教だが、学業の関係で、カトリック系の学校に通い、7歳になると父親から歌のレッスンを受け、9歳で曲作りを始め、子供向けアルバムもリリース。母親は、マネージャーとしてサポート

ジョグジャカルタ王国は、ジャワ島中部を支配していた王国。16世紀後半から続く マラタム王国が、1755年に、ジョグジャカルタ王国とスラカルタ王国に分かれ、ジョグジャカルタ王国は、現在では、ジョグジャカルタ特別州。現在の知事 ハメンクブオノ10世は、ジョグジャカルタ王国の君主の末裔。

12歳で、初のオフィシャル・スタジオ・アルバム 『Dunia Aku Punya』をリリース。このアルバムのプロデューサーは、インドネシアで有名なロックミュージシャン Ian Antonoだったが、振るわず。

1989年にリリースしたコンピーレションアルバム 『Mimpi』が話題となり人気を集め、1990年には、再びコンピレーションアルバム 『Tua Tua Keladi』をリリースし、これが過去最大のヒット。コンピレーションアルバムは、複数のアーティストが歌う曲を収録したもので、どちらのアルバムも、アングンがタイトル曲を歌っている。

1992年、ボルネオ島 インドネシア領 カリマンタンを観光で訪れ、そこで知り合ったフランス人エンジニア Michel Georgeaと結婚。その後、マネージャーになり、1993年には、アルバム 『Anggun C. Sasmi... Lah!!! 』をリリース。このアルバムは、インドネシア語アルバムでは最後になり、大ヒットもしている。

翌年、夫の故郷のフランスに移住し、音楽活動を行い、フランスでリリースしたシングル 『La neige au Sahara』は、シングルチャートで16位にもなり、人気を集める。1999年に、Michel Georgeaと別れている。

2004年、カナダのモントリオールで知り合った Olivier Mauryと結婚するも、2年後に別れ、2006年に、フランスの作家 Cyril Montanaと出会い結婚。二人の間に、娘がいる。

昨年、2012年には、ユーロビジョン・ソング・コンテスト 2012に、フランス代表として参加している。


Mimpi


La Neige Au Sahara

   


nice!(264) 

子役の頃から絶大な人気 インドネシアの歌手 Agnes Monica アグネス・モニカ [インドネシア アイドル]

Agnes Monica アグネス・モニカは、インドネシアの歌手。首都ジャカルタ出身、1986年7月1日生まれ。

父親が、元卓球選手 Jenny Siswono、母親が元バドミントン選手 Ricky Muljoto。末っ子が、アグネス・モニカ。

子供の頃から、教会で歌い、ボーカルのレッスンを受け、6歳でチルドレンズ・アルバム 『Si Meong』をリリース。その後、2nd 『Yess!』、3rd 『Bala-Bala』とリリース。子供時代に出したアルバムとして、チルドレンズ・アルバム、大人になってから、アダルト・アルバムと分けている。

その頃には、いくつもの子供番組の司会を務め、パナソニック・アワードでは、Most Favorite Presenter of Children's Programという賞を1999年と2000年に受賞。

1999年、13歳の頃には、女優としても活動し、昼ドラ 『Lupus Millennia and Mr Hologram』で、初の一人二役も演じている。

そして、翌年には、TVシリーズ Pernikahan Diniで主演を務めることになり、子役から10代のアーティストにイメージチェンジするターニングポイントとなり、視聴者からの評判も良く、順調に10代のアーティストとして認知されたという。

パナソニック・アワードでも、2001年と2002年にFavorite Actress賞を受賞。2002年には、Popular Actress賞も受賞し、当時、10代の中では、最もギャラが高いアーティストとなっている。

女優業の他、歌手業も続け、主演ドラマ Pernikahan Diniのサウンドトラックをレコーディングし、2001年には、複数アーティストによるコンピレーションアルバム 『Love Theme』もリリース。

2003年には、有名なプロデューサーや作詞家と共に、初のアダルトアルバム 『And the Story Goes』をリリース。1年半を掛け、ダンサーを選抜し、アグネス・モニカの公式ダンサー NEZindaHoodが生まれ、この曲は、ダブル・プラチナディスクを獲得する大ヒット。

このアルバムの収録曲が、インドネシアで最高の音楽賞 Anugerah Musik Indonesia Awardsで、10部門にノミネートされ、3つの賞 Best Female Solo Pop Artist、Best Dance/Techno Production、Best Duo/Groupを獲得。

2005年には、2ndスタジオアルバム 『Whaddup A.. '?!』をリリースし、大ヒットのデビューアルバムを超えるセールスを記録し、トリプル・プラチナディスクを獲得している。

その後、2009年に3rdアルバム 『Sacredly Agnezious』、2011年にはベストアルバム 『Agnes Is My Name』をリリースしている。『Paralyzed』と『Teruskanlah』は、このベスト盤の収録曲。

歌手としての成功が目立つのだが、女優業も変わらず続けており、2006年までは毎年、ドラマに出演し、2008年以降は、2年に1作品のドラマに出演している。


Paralyzed


Teruskanlah


nice!(229) 

ドラマやCMに多数出演、可愛らしく、セクシーさもある インドネシアの歌手 Nikita Willy ニキタ・ウィリー [インドネシア アイドル]

Nikita Willy ニキタ・ウィリーは、インドネシアの歌手で女優。首都 ジャカルタ出身、1994年6月29日生まれ。

7歳の頃に、ソープオペラ、日本で言うところの昼ドラに出演したのが、女優業の始まり。その後も、数々のソープオペラに出ている。

インドネシアの連ドラにあたるシネトロンにも多数出演しており、民放のRCITテレビで放送した 『Yusura & Yuma』では、双子役を演じている。

線引きがなかなか難しく、ソープオペラというと午後早々に放送されるドラマのことで、昼ドラのようなものを指すのだが、インドネシアではお笑い番組のようなものにも使うこともある。

シネトロンというのは、連続ドラマで恋愛モノやコメディなど様々だが、人気が高く、だいたいゴールデンタイムに放送され、視聴率も高い。

ニキタ・ウィリーは、19歳だが、シネトロンだけでも出演した作品は、20を超える人気女優。その人気の高さが伺えるのが、テレビCMの数。お菓子、ボディローション、コスメ、銀行、携帯電話など多岐に渡り、有名企業だと、ケンタッキー、ノキア、日本メーカーでも、エプソンシャープ、ロート製薬、ピジョンなど、全部で30社を超える。

2012年には、アルバム 『Lebih Dari Indah』をリリース。このアルバムに収録された曲が、アルバム名と同じ 『Lebih Dari Indah』と『kutetap menanti』。

キャリアもある女優業なのだが、可愛らしさもあり、最近は、どこかセクシーさも感じられ魅力的。人気があるのも頷ける。


Lebih dari Indah


kutetap menanti


CM ロート リップアイス


CM Gery Chocolatos


セクシーな撮影風景


nice!(139) 

澄んだ高音の歌声が、インドネシアの歌姫 GITA GUTAWA ギタ・グタワ [インドネシア アイドル]

GITA GUTAWA ギタ・グタワは、インドネシアを代表する歌姫。1993年生まれ。ちょっと、控えめな品のある可愛らしさが感じられるが、それだけではなく、歌唱力もある。

父親は、音楽プロデューサーで、1980年代にジャズバンドのベーシストで活躍したエルウィン・グタワ。

父親も有名なのだが、ギタ・グタワも、澄んだ高音の声に定評があり、この声を活かした曲から、可愛らしさがあるアイドルらしいポップな曲などもある。

アップテンポで派手な流行りの曲とは違い、歌唱力もあり、スタイルに安定感がある。これぞ、安心して、代表する歌姫と呼べる歌手という感じだろうか。


Selamat Datang Cinta


Gita Gutawa with Maia - Mau Tapi Malu


Parasit
nice!(73) 

ノリのいいポップな曲からバラードまで、インドネシアの新人歌手 Lala Karmela ララ・カルメラ [インドネシア アイドル]

Lala Karmela ララ・カルメラは、インドネシアのジャカルタで活躍するシンガーソングライター。ララとだけ呼ばれることもある。インドネシアとフィリピンのハーフで、1985年生まれ。

歌手でデビュー前は、テレビドラマで活躍。フィリピンで先にデビューし、その後、故郷であるインドネシアでデビュー。

ノリのいいポップな曲から、しっとりしたバラードまで、曲は様々。共演ではあるのだが、現地のコカコーラのCMソングもある。

昨年リリースされたアルバム 『Kamu, Aku,Cinta』では、英語の曲は1曲のみで、他はインドネシア語。声の良さが感じられる曲で、インドネシアっぽくないところが、また新鮮さを感じさせる。


Omong Kosong


Satu Jam Saja
nice!(74) 

まだまだ若く、これからが楽しみなインドネシアの女優で歌手 MIKHA TAMBAYONG ミカ・タンバヨン [インドネシア アイドル]

MIKHA TAMBAYONG ミカ・タンバヨン、インドネシア ジャカルタ出身の女優、モデル、歌手。芸能活動は、2008年から。

1994年9月15日生と若く、可愛らしいのだが、ドラマ 『KEPOMPONG』では主役、2011年に放送されたドラマ 『Nada Cinta』では挿入歌、アルバムも出している。

インドネシアのベテランポップ歌手 Harvey Malaiholo ハーヴィー(ハルフェイ)・マライホロの姪という話。


Dear Diary


Bekas Pacar
nice!(75) 

ふわぅっとした典型的なアイドル、インドネシアの若い5人組アイドルグループ Biodata Blink [インドネシア アイドル]

インドネシアの5人組アイドルグループ Biodata Blink (Blink)。年齢が若く、Pricilla (誕生日 1997年9月30日)、Shilla (1997年2月25日)、Sivia (1997年2月14)、Ify (1996年12月6日)、Febby (1996年7月30日)と、現在15,6歳。

デビューシングル 『Sendiri Lagi』は、また一人になっちゃったという意味で、PVを観ると、『またふられた』という方がわかりやすいかもしれない。なぜか、バックに日本の雰囲気が。

典型的なアイドルらしい曲で、ゆるい感じのダンス、可愛さで押すタイプ。最近は、海外のアイドルも、ダンスに力を入れるグループが多い中、知名度が高いグループでこのスタイルは珍しいかも。

もしかすると、メンバーのFebbyは、歌手活動の前に、ドラマなどに出演しており、ファンクラブもあるほど。そこら辺が、他のグループとの違いになっているかもしれない。

ただ、若いだけに、数年経つと、全く違うスタイルのグループになってるかもしれないが。


Sendiri Lagi
nice!(80) 

ありがちなポップとも違うノリ、インドネシアの5人組アイドルグループ 5 BIDADARI リマ・ビダダリ [インドネシア アイドル]

Star Media Nusantaraに所属するインドネシアの5人組アイドルグループ 5 BIDADARI リマ・ビダダリ。『BIDADARI』は、インドネシア語で『エンジェル』という意味。

K-POPのワンダーガールズに影響を受けているのは分かるのだが、それに現地のdangdut ダンドゥットが加わった感じで、これはこれでバランスが良く、アリじゃないだろうか。

ダンドゥットは、インドネシアの都市部で働く労働者が好むポピュラー音楽。地方から出稼ぎできた労働者ということで、品のいいものではなく、都市部に住む人からすると毛嫌いするようなところもある。昔の話かもしれないが。

このリマ・ビダダリのメンバーは、ダンドゥットのコンテストにも参加していただけに、こういうテイストがあるのもうなずける。

ダンドゥット感も強く、単純にワンダーガールズを真似ているとも言えない。そもそも、ワンダーガールズ自体も、いろんな音楽の影響を受けているのだがから、どちらがどうとも。


Aku atau Dia
nice!(79) 

手足が長く、スタイルがいい!インドネシアの9人組アイドルグループ Minni [インドネシア アイドル]

Minniは、スタイルがいい女性が揃う9人組、インドネシアアイドルグループ。K-POPの影響がイベントの衣装などからも伺えるものの、単なる真似とも言えない、現地ならではのテイストも感じられる。

Never Let You Go』のPVでは、それぞれが違う格好で、コスプレな感じ。手足が長く、アイドルとしては年齢が高そうに思われそうだが、一応、平均年齢では二十歳以下。

アイドルグループでは、偶数よりも奇数の方が、フォーメーションでは中心が分かりやすく、9人組はメンバーが多い方としては収まりが良く、豪華さがある。

インドネシアでは、この1、2年でアイドルグループが次々登場。さすがに、JKT48のような大所帯は他にはないものの、K-POPが流行っていたこともあり、影響を受けたことが分かるグループが多い。


Never Let You Go
nice!(76) 

定番な可愛らしいアイドル、インドネシアで人気のアイドルグループ Cherry Belle チェリーベル [インドネシア アイドル]

昨年、2011年にインドネシアで結成されたばかりの9人組アイドルグループが、Cherry Belle チェリーベル。

別名で、Chibiとも呼ばれ、平均身長が158cmとのこと。日本語のチビとも発音では読めるのだが、現地では、悪い意味では言われていないのかもしれない。

最近では、激しいダンスのアイドルグループが多い中、可愛らしさが一番というのは、日本人からみると特に馴染みのスタイル。ただ、こういうアイドルグループは、日本以外にはあまりなく、珍しい。

方向性は違うものの、インドネシアのアイドルでは、JKT48と重なる部分もあり、ライバルになるのは間違いなさそうだが。


Dilema


Love Is You
nice!(77) 
前の10件 | - インドネシア アイドル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。