So-net無料ブログ作成
ベラルーシ アイドル ブログトップ

落選後、再び代表として選ばれた ベラルーシの歌手 Alyona Lanskaya アリョーナ・ランスカヤ [ベラルーシ アイドル]

Alyona Lanskaya アリョーナ・ランスカヤは、ベラルーシの歌手。マヒリョウ出身、1985年9月7日生まれ。

6歳の頃から、家族や友人を前に歌うなど、歌唱に興味を持ち、専門学校で銀行業、ベラルーシ・ロシア大学では金融を学んでいる。この間も、様々な音楽コンテストへの参加は続けていたという。

2005年には、国際芸術祭 Slavianski Bazaar in Vitebskで行われたプロジェクト、ソング・オブ・ベラルーシ 2005に参加、視聴者の投票により選ばれる Silver Gramophon賞を受賞。この他、様々な大会で優勝するなどしている。

プロとしての音楽活動は、2011年頃から。毎朝 5kmのジョギングを行い、スタジオでのレコーディング、パフォーマンスなどを行い、ファンとの時間も大切にしているという。

2012年には、ユーロビジョン・ソング・コンテストのベラルーシ代表を選出する Eurofest 2012に参加し優勝するも、プロデューサーにより、投票結果が改ざんされたという疑惑が持ち上がり、調査した結果、不正があると判断され、落選。

翌年、Eurofest 2013にも参加し、審査員や視聴者からの投票が最高得点となり、優勝。ベラルーシ代表として、ユーロビジョン・ソング・コンテストに参加し、16位。

『Solayoh』と『Speak』は、2013年、シングルとしてリリースされた曲。


Solayoh


Speak




nice!(274) 

ジュニア・ユーロビジョン・ソング・コンテスト 2005で優勝した ベラルーシの歌手 Ksenia Sitnik クセニア・シティンク [ベラルーシ アイドル]

Ksenia Sitnik クセニア・シティンクは、ベラルーシの歌手。ホメリ州マズィル出身、1995年5月15日生まれ。ベラルーシ語なため、Kseniya SitnikやXenia Sitnikと訳されることもある。

父親は実業家、母親は Muliavin National Musical Art Centreのディレクター。姉も、子供向けのソングコンテストに参加。現在は、ベラルーシのミンスク在住。

幼少の頃から、歌い始め、2004年、9歳の頃に、Falling Stars (ポーランド)とThe Golden Bee (ベラルーシ)に参加。翌年、2005年には、ジュニア・ユーロビジョン・ソング・コンテスト 2005にベラルーシ代表で参加し、優勝もしている。

2006年には、『My vmeste』、2010年には、『Respublika Kseniya』をリリース。


Kapelki Dozhdya


Белоруска я


nice!(291) 

ベラルーシの人気歌手 Natalia Podolskaya ナターリヤ・ ポドーリスカヤ [ベラルーシ アイドル]

Natalia Podolskaya ナターリヤ・ ポドーリスカヤは、ベラルーシの歌手。マヒリョウ出身、1982年5月20日生まれ。

9歳から音楽学校でピアノ、歌はStudio W groupで学び、ベルギー、ドイツ、ポーランドでツアーを行う。10代で、3つの音楽フェスティバル、ベラルーシのZornaja rostanとMahutny Boza、ポーランドの Goldenfestで優勝。

1999年から、法律を学びつつ、ソロ パフォーマーを目指して活動は続け、ラジオやテレビに出演。TV番組 On the Crosses of Europeでは、ファイナリストに。2002年には、モスクワに移り住む。

2002年、国際芸術祭 Slavianski Bazaar in Vitebskに参加、そのパフォーマンスから話題になり、広く知られるようになり、国際的なフェスティバル Universetalent Prague 2002にも参加し、パフォーマンスを高く評価。

2004年には、1stアルバム 『Pozdno』をリリースしている。


Прощаю


Зима


nice!(269) 

ユーロビジョン・ソング・コンテストに出場した ベラルーシの歌手 Anastasia Vinnikova アナスタシア・ビニコバ [ベラルーシ アイドル]

Anastasia Vinnikova アナスタシア・ビニコバは、ベラルーシの歌手。ゼルジンスク生まれ、1991年4月15日生まれ。

4歳で、正教会で洗礼を受ける際、他の子供は静かにしていたが、アナスタシアは歌っており、それを見た神父は、『アナスタシア、君は歌手になるだろう』と言いながら、神聖な水を振り掛けられたという。

幼稚園の先生も、歌の才能があることに気づき、5歳になると、様々なフェスティバルやテレビ番組で行われたコンテストに参加。

その後、音楽スクールの合唱クラスで、歌の基本的な技術を学ぶ。負けず嫌いで、努力家で勤勉な性格から、中学校では、全教科を優秀な成績で終え、金のメダルを貰っている。

音楽活動につながるものとして、外国語を学びたいという意欲から、ミンスクにある通訳や翻訳を学ぶ ミンスク国立言語大学に入学。

日本は、世界最大の音楽市場なため状況が違うのだが、海外では、自国の音楽市場の規模が小さいことから、大きな市場で活動すべく、現地の言葉を学ぶことはよくあり、大抵、英語かロシア語。

在学中に、Youth Variety Theatreのオーディションに参加し合格。すると、ベラルーシで有名な作曲家でプロデューサーでもある Evgeny Oleinikと知り合い、5つの曲を制作。その中の一つが、『Мая Беларусь-Моя Беларусь』。

この曲が、後に、2011年に行われた ユーロビジョン・ソング・コンテスト 2011で、ベラルーシ代表として出場した際に歌う曲になる。

ただ、原曲そのままではなく、歌詞の翻訳、曲のアレンジ、曲のタイトルも何度か変更され、最終的に、『I Love Belarus』になり、決勝には勝ち残れず落選。45ポイントを獲得し、14位。

ベラルーシ代表が、決勝に進めなかったことを受け、ベラルーシのルカシェンコ大統領は、『態度、顔、そして、歌と全てが調和していた』と高く評価しながら、落選したたため、『やつら(EU)に抑え込まれたんだ』と怒ったという話がある。

これは、ルカシェンコ大統領が、大統領選に絡み野党議員を拘束するなどしたことで、欧州連合から風当たりが強くなっており、政治的な背景が関係していると感じたようだ。


I Love Belarus


nice!(287) 

モザイクが入ったりする、セクシーなベラルーシ歌手 Бьянка ビアンカ [ベラルーシ アイドル]

Бьянка ビアンカは、東ヨーロッパのベラルーシ出身のソロ歌手。1985年生まれ。

PVでは、基本的に露出が多く、中には、胸の部分と下の部分にモザイクを入れたものまで。普通は、ちょっと驚きそうだが、ここら辺ならという気も。

ベラルーシは、ロシアとウクライナに接しているのだが、ロシアンポップでも、ウクライナポップでも、PVでは露出が多く、ありそうだなという印象がある。

曲は、ロシアっぽい悲しげな雰囲気があるメロディーラインのものから、しっかりしたラップが入ったものまで、比較的バラエティに富んでいる。


Про Лето


Без сомнения
nice!(69) 
ベラルーシ アイドル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。