So-net無料ブログ作成
オーストラリア アイドル ブログトップ
前の10件 | -

過激なPVで話題になった オーストラリアの歌手 Holly Valance ホリー・ヴァランス [オーストラリア アイドル]

Holly Valance ホリー・ヴァランスは、オーストラリアの歌手、モデル、女優。メルボルン出身、1983年5月11日生まれ。

セルビア人の父親 Rajko ライコ、イギリス人の母親 Rachelを両親に持ち、二人の妹がいる5人家族。父親は、ピアノなどを弾くミュージシャンで、若い頃は、セルビア共和国の首都 ベオグラードでモデルもしており、母親も、イギリスでモデルとして活動。イギリスのコメディアンで俳優 ベニー・ヒルとは近い親戚にあたる。

ホリー・ヴァランスは、オーストラリアのメルボルンで育ち、18歳でイギリスに移り住むが、2年後には、ロサンゼルスに移り、7年間、住んでいる。

12歳からモデルとして活動し、17歳の頃には、オーストラリアのテレビドラマ Neighbours ネイバーズで、Felicity Scully役を演じ話題になる。

このドラマは、1985年から現在も続いている。3年契約での出演を経て、2002年には音楽の道に進む。イギリスの滞在とオーストラリアでのドラマ出演の時期が重なっており、どのように活動していたのか、よく分からないところもある。

2004年には、女優としての活動を再開し、アメリカのドラマ CSI: Miami、Entourage (邦題:アントラージュ★オレたちのハリウッド)、CSI: NY、Prison Break プリズン・ブレイクなどで、いくつかのエピソードに出演。この他にも、様々なテレビドラマや映画に出演している。

歌手活動としては、2002年に、1stシングル 『Kiss Kiss』をリリース。これは、トルコの歌手 Tarkanの曲 『Şımarık』を英語でカバーした曲。

この曲が大ヒットし、オーストラリアのARIA チャート、イギリスのシングルチャートで1位、オーストラリアでプラチナ、イギリスでゴールドディスクを獲得、ARIA ミュージック アワードにもノミネート。

この年には、2ndシングル 『Down Boy』、3rdシングル 『Naughty Girl』もリリースされ、どちらも、ARIAチャートで3位。さらに、1stアルバム 『Footprints』もリリースし、こちらは、イギリスのアルバムチャートで9位となり、イギリスでゴールドディスクを獲得。

2003年には、2ndアルバム 『State Of Mind』をリリースするも、セールスが伸び悩み、マネージャーとの解雇に関する訴訟、レコード会社とのトラブルもあり、しばらく、音楽業界から離れる。

2005年には、 Har Mar Superstarのアルバム The Handlerに収録された曲 『DUI』、『Back the Camel Up』、『Body Request』で歌い、2009年には、Frankmusikのシングル 『Confusion Girl』のPVに登場するなどしている。

『Kiss Kiss』は、1stアルバム 『Footprints』、『State Of Mind』は、2ndアルバム 『State of Mind』に収録された曲。日本盤としてリリースされた 『ステイト・オブ・マインド(DVD付)』には、『Kiss Kiss キスキス』と『State of Mind』を含む、4つのPVが収録されている。


Kiss Kiss


State Of Mind

   


nice!(284) 
共通テーマ:音楽

20歳から音楽を始めた オーストラリアの歌手 Kym Campbell キム・キャンベル [オーストラリア アイドル]

Kym Campbell キム・キャンベルは、オーストラリアのシンガーソングライター。米コロラド州デンバー出身、1981年8月4日生まれ。

ワシントン州シアトルで育ち、カリフォルニア州サンタ・クララにある サンタ・クララ大学で経済学を学ぶ。20歳で、米ミュージシャン ベン・ハーパーのコンサートを観て感銘を受け、その後、すぐにギターを手にしている。

在学中、大学に籍を置きながら、海外の大学で一定期間学ぶ スタディーアブロードプログラム、交換留学生として、オーストラリアへ。その後、大学を卒業すると、オーストラリアへ移住し、サーフィンと共に、ギターを弾き、曲も作るなど音楽活動を始める。

2008年、Top 10 Music Oz Awardsでベスト・シンガーソングライターのフィナリストになり、在学中にレコーディングしたデビューミニアルバム 『So Alive』が審査員から高く評価され、サーファーDVDやイベントで楽曲が使われるようになる。

このミニアルバムは、オーストラリアのGriffith University スタジオでレコーディングされ、全8曲のEPとして、2008年にリリース。全ての曲作り、アレンジ、プロデュースまで全てキム・キャンベルが行い、ボーカルを本人が務め、パーカッション、ベース、ウクレレなど多彩な楽器によるバンドで構成され、本格的なもの。

2010年には、2nd ミニアルバム 『Preview』をリリースし、ツアーで日本を訪れ、2011年には、初のフルアルバム 『Real Life』を日本でもリリースしている。

『Moments』と『Rolls That Way』は、1stミニアルバム 『So Alive』に収録された曲。


Moments


Rolls That Way

   


nice!(274) 
共通テーマ:音楽

クイズ番組でも注目を集めた オーストラリアの歌手 Megan Washington ミーガン・ワシントン [オーストラリア アイドル]

Megan Washington ミーガン・ワシントンは、オーストラリアのシンガーソングライター。自身で結成したバンド Washington ワシントンとだけ呼ばれることもある。パプアニューギニアの首都 ポートモレスビー出身、1986年1月7日生まれ。

オーストラリア人で、生まれたのは、パプアニューギニア。10歳になると、オーストラリアのクイーンズランド州ブリスベンに移住。子供の頃は、どもりがあったという。

Australian School of the Artsに通い、音楽への興味を持ち続け、クイーンズランド工科大学で音楽の学士のために学び、グリフィス クイーンズランド州音楽大学でジャズ・ボーカルを学んでいる。

2006年には、ジャズピアニスト Sean Foranと、ミニアルバム 『Nightlight』をリリース。これが、豪ARIAチャートで、53位。2008年には、Australian Jazz Bell Awardで'、Best Australian Jazz Vocal Album'を受賞。2007年には、メルボルンに引越し、ベーグルのお店で6ヵ月ほど働いている。

この頃から、音楽スタイルをジャズから離れ、インディポップ歌手 Ben Leeのバッキングボーカルやキーボードとして活動。2008年には、バンド Washingtonを結成し、このバンドのデビューミニアルバム 『Clementine』をリリース。

この年、オーストラリアのラジオステーション Triple Jが主催のタレントコンテスト Unearthedで優勝。クイズ番組 Spicks and Specksにも出演し、視聴者を魅了し注目を集め、Vanda & Young ソングコンテストでも優勝。

2010年には、デビューアルバム 『I Believe You Liar』をリリースし、このアルバムは、豪ARIAチャートで3位、プラチナディスクを獲得している。

『Rich Kids』、『How To Tame Lions』は、デビューアルバム 『I Believe You Liar』に収録された曲。


Rich Kids


How To Tame Lions

   


nice!(275) 
共通テーマ:音楽

オーストラリアで有名な歌手 Missy Higgins ミッシー・ヒギンズ [オーストラリア アイドル]

Missy Higgins ミッシー・ヒギンズは、オーストラリアのシンガーソングライター。ビクトリア州メルボルン出身、1983年8月19日生まれ。

父親が開業医、母親が保育所のオペレーター、姉と兄がいる3人兄弟の末っ子。父親と兄に続き、6歳からクラシック・ピアノを習うが、歌手になりたいと思うようになる。

12歳で、小学校で行われたミュージカル ヨセフ・アンド・ザ・アメージング・テクニカラー・ドリームコートに出演。この頃には、練習に飽き、ピアノを辞めてしまい、もっと自由が欲しいと寄宿学校へ。すると、そこで、再びピアノを弾き始める。

15歳の頃、音楽の宿題で、提出期限の数時間前に書き上げた曲 『All for Believing』が高く評価され、クラスメイトの前で曲を演奏されたほど。その後、メルボルンのレコード会社に連絡、すると、1曲ではなく、多くの曲を求められ、曲を制作。

2001年、姉が応募した豪ラジオステーション Triple Jのタレントコンテスト Unearthedで優勝し、ラジオのプレイリストにも追加。Sonyと Elevenの2社が興味を持ち、Elevenと契約。1年ほどヨーロッパを旅した後、本格的な音楽活動を開始。

2003年には、フォーク・ロック・バンド The Waifs、ロック・バンド georgeのツアーでオープニングアクトなどを行い、2003年に、ミニアルバム 『Missy Higgins』、2004年には、デビューアルバム 『The Sound of White』をリリース。このデビューアルバムは、オーストラリアのARIAチャートで7週連続 1位。

その後、2007年にリリースされた2ndスタジオアルバム 『On a Clear Night』、2012年の3rdアルバム 『The Ol' Razzle Dazzle』も、ARIAチャートで1位。

『Scar』は、デビューアルバム 『The Sound of White』に、『Steer』は、2ndアルバム 『On a Clear Night』に収録された曲。どちらの曲も、シングルチャートで1位。


Scar


Steer

   


nice!(294) 
共通テーマ:音楽

ARIAミュージック・アワードで6部門を制覇 オーストラリアの歌手 Gabriella Cilmi ガブリエラ・チルミ [オーストラリア アイドル]

Gabriella Cilmi ガブリエラ・チルミは、オーストラリアのシンガーソングライター。メルボルン出身、1991年10月10日生まれ。

メルボルンのダンデノングで生まれ、12歳のときに、コミュニティフェスティバル Lygon Street Festaで、ローリング・ストーンズの曲などを演奏していたところ、ワーナー・ミュージックの重役 Michael Parisi マイケル・パリージの目に留まる。

その後、13歳で、英国と米国に行き、米4大メジャー ユニバーサルミュージック、ソニー・ミュージックエンタテインメント、ワーナー・ミュージック・グループ、EMIからオファーがかかるも、最後は、英 Island Recordsと契約。15歳で、家族と共にロンドンへ移住。

2008年3月に、デビューアルバム 『Lessons to Be Learned レッスンズ・トゥ・ビー・ラーンド』をリリース。その後、各国で、デビューシングル 『Sweet About Me スウィート・アバウト・ミー』もリリースしている。

このアルバムは、オーストラリアで2位、オランダ、ニュージーランド、スイス、イギリスなどではトップ10入り。さらに、シングルは、オーストラリア、オランダ、ノルウェーで1位、オーストリア、ユーロチャート、ドイツ、スイスで2位など、大ヒット。

2008年に行われた オーストラリアのグラミー賞にあたる ARIAミュージック・アワードでは、6部門で受賞され、大きな話題に。2010年には、2ndアルバム 『Ten』をリリースしている。

『Sweet About Me』は、デビューアルバムにも収録され、『Vicious Love』は、ミュージックビデオのみのリリース。


Sweet About Me


Vicious Love

   


nice!(176) 
共通テーマ:音楽

15歳でThe X Factorに参加し話題に オーストラリアの歌姫 Christina Parie クリスティーナ・ペリー [オーストラリア アイドル]

Christina Parie クリスティーナ・ペリーは、オーストラリアのシンガーソングリター。ニューサウスウェールズ州キャッスルヒル出身、1996年2月10日生まれ。

アメリカに、Christina Perri クリスティーナ・ペリーという有名なシンガーソングライターがいるが、この人物と間違われやすいが、全くの別人。

姉 Alexa、弟 Jordanがおり、5人家族。クリスティーナ・ペリーは、アヴリル・ラヴィーン、ケリー・クラークソン、Pinkなどのアーティストから影響を受け、歌うなどしているが、姉や弟は音楽には強い関心がないという。

音楽活動としては、5人組バンド Losing Sightのリードシンガーから始まり、このバンドは定期的にカフェ、フェスティバル、会場でパフォーマンスしている。

その後、2011年、15歳の頃に、オーストラリアのThe X Factor 第3シリーズに出場し、ケリー・クラークソンの『I Do Not Hook Up』を審査員の前で歌い、パフォーマンスの高さに、審査員の一人 英国のR&Bシンガー Melanie Brownは、なぜ、レコード会社が声を掛けないのかしらと驚くほど。

The X Factorで勝ち残り、ファイナリストになったことで話題になったのだが、学校では、周りからイジメを受けるようになり、翌年には学校を辞め、音楽活動に専念。

2012年には、ワーナー・ミュージック・オーストラリアと契約し、デビューシングル 『16 & Unstoppable』をリリースし、ARIAシングルチャートで69位。この年に、同名のミニアルバムもリリースしている。


16 & Unstoppable


The X Factor 2011 Live Show 1

 


nice!(306) 
共通テーマ:音楽

いじめ反対キャンペーンやブラックベリーの大使にもなった オーストラリアの歌手 Elen Levon エレン・リヴォン [オーストラリア アイドル]

Elen Levon エレン・リヴォンは、オーストラリアのシンガーソングライター、ダンサー。シドニー出身、1994年7月13日生まれ。本名は、Elen Menaker。

ウクライナで生まれた後、すぐに家族はオーストラリアのシドニーへ移住。3歳から、音楽とダンスのトレーニングを始め、バレー教室にも参加。6歳から、ピアノも弾き始める。

2008年、13歳で、ポップグループ Panjo 5のメンバーに選ばれ、当時は、本名のElen Menakerで活動。このグループは、子供向けケーブルテレビチャンネル ニコロデオンで放送されたテレビタレントショー AIRTIME!で結成され、翌年、2009年には活動を終えている。

2011年、オーストラリアで行われた世界最大のヒップホップとアーバン・ミュージックのフェスティバル Supafestに参加。この他、Winterbeatz festivalでは、米ラッパー 50 Cent、Lil' Kim、米ヒップホップグループ G-Unitなどと共演。

この年に、レーベル Ministry of Sound Australia、インプリント・レーベル NuFirmと契約。 NuFirmは、シンガーソングライターでプロデューサーでもある Israel Cruzのレーベル。インプリント・レーベルは、レコード会社のプロジェクトのような位置付け。

2011年にリリースされたデビューシングル 『Naughty』は、プロデューサーである Israel Cruzがゲストボーカルとしても参加。販売するレーベルは、Ministry of Sound。このシングルは、オーストラリアのARIAシングルチャートで60位、ダンスチャートで17位。

音楽活動とは別に、いじめ反対キャンペーンや台湾メーカー Quanta Computerのタブレット端末 ブラックベリーの大使などにもなっている。

2012年には、シングル 『Like a Girl In Love』と『Dancing to the Same Song』をリリースしているが、アルバムのリリースは、現時点ではない。


Naughty


Dancing To The Same Song


Like A Girl In Love

  


nice!(293) 
共通テーマ:音楽

バンドメンバーからソロに オーストラリアの歌手 Butterfly Boucher バタフライ・バウチャー [オーストラリア アイドル]

Butterfly Boucher バタフライ・バウチャーは、オーストラリアの歌手で音楽プロデューサー。南オーストラリア州アデレード出身、1979年6月2日生まれ。

父 Rod Boucherは有名なロックなミュージシャン、母 Vivi Boucherはバレー、7人姉妹の4女として生まれる。姉妹は芸能関係で活躍しており、Danielle (フィルムディレクター)、Rebecca (バンド The Mercy Bell メンバー)、Eden (エレクトロポップグループ Lovers Electric メンバー)、Angelle (ファッションモデル)、Harmony (歌手でギタリスト)など芸能一家。

バタフライという名は、本名。姉 Rebeccaが、子供の頃、学校から泣いて帰宅したことがあり、その理由が、学校に同じ名前の女の子が二人いたため。

それを見た両親が、これから生まれてくる子供には、珍しい名前を付けようと決め、Butterfly、Sunshine、Eden、Angel、Harmonyとなっている。

15歳から音楽活動を始め、姉 Rebecca Katieがリードボーカルを務めるバンド Eat the Menuで、ベースギターを弾き、後に、バンド名がThe Mercy Bellに改名。1998年、17歳の頃には、音楽活動に専念するため、米テネシー州ナッシュビルに移住。

このバンドは、拠点を転々とし、米ロサンゼルス、イギリスなどへも移動。思いもよらず、メジャーレーベル Polydorと順調に契約にこぎつけたが、ろくなプロモーションもされないことに幻滅し、ソロ活動に専念。

2003年にデビューソロアルバム 『Flutterby』をリリースし、これが、ビルボードのトップ・ヒートシーカーズで40位。

2004年と2005年には、シンガーソングライター サラ・マクラクランとロックバンド アネイキッド・レディースのツアーオープニングに出演。2000年半ばには、姉をイギリスに残し、本人は米ナッシュビルへ戻る。

2009年には2ndアルバム 『Scary Fragile』、2012年に3rdアルバム 『Butterfly Boucher』がリリースされている。

『I Can't Make Me』は、1stアルバム 『Flutterby』、『5678!』は、3rdアルバム 『Butterfly Boucher』に収録された曲。


I Can't Make Me


5678!

  


nice!(306) 
共通テーマ:音楽

悪性リンパ腫を克服し活躍する オーストラリアの歌手 Delta Goodrem デルタ・グッドレム [オーストラリア アイドル]

Delta Goodrem デルタ・グッドレムは、オーストラリアのシンガーソングライター。シドニー出身、1984年11月9日生まれ。本名は、Delta Lea Goodrem。

両親は、ジョー・クッカーの曲 Delta Ladyから、Deltaという名を娘に付けたという。弟は、オージーフットボール SANFLのクラブ セントラル・ディストリクトの選手。

7歳の頃に、米おもちゃメーカー Galoobの宣伝に起用され、この頃に、ピアノを弾き始め、歌、ダンス、演劇のレッスンも始める。

後に、オーストラリア第2位の通信会社 Optus、ネッスルの乳飲料 Nesquikなど様々な宣伝に登場し、TVシリーズ ポリス・レスキューなどのテレビ番組にも出演。

1997年頃、13歳で5つのデモCDを作成し、グッドレムがサポーターだった シドニー・スワンズ・フットボールクラブに送り、いくつかの豪アーティストを成功させたマネージャー Glenn Wheatleyに渡り、独立レーベル Empire Recordsと1999年6月~2000年9月の期間で契約、13曲収録されたアルバム 『Delta』を制作するが、このときはリリースされず。

その後、15歳でソニーとレコード契約。デビューシングル 『I Don't Care』は振るわず、オーストラリアのARIA シングルチャートで64位。

翌年には、人気ドラマ 『Neighbours』に出演し、役柄が歌手を目指す少女ということもあり、ピアノをベースにしたバラード曲 『Born to Try』をリリースすると、ARIAシングルチャート、ニュージーランドのRIANZで1位、UKシングルチャートでも3位を記録、オーストラリアで3xプラチナ、ニュージーランドでゴールドディスクを獲得する大ヒット。

『Born to Try』のリリース以降、いくつものシングルをリリースしているが、オーストラリアでは大半が1位などのランキング上位。スタジオアルバムも、昨年リリースされた 『Child of the Universe』が2位だったが、1stアルバム 『Innocent Eyes』は29週間連続で1位を記録、2ndアルバム 『Mistaken Identity』や3rdアルバム 『Delta』も1位。

音楽活動としては、順調に見えるが、2003年には、18歳でホジキンリンパ腫という悪性リンパ腫をわずらい、放射線治療で髪は抜け、ニュースなどでは大きく取り上げられた。2002年から体調は悪く、体重の低下、頭からつま先までの発疹、寝汗などがあったと語っている。2003年12月には、活動を再開。

ところが、2004年から、元プロデューサーらからの民事訴訟が始まる。ソニーと契約する前、Empire Recordsで制作されたアルバム 『Delta』(12曲収録)をリリースする権利を求め、元プロデューサーらが訴訟を起こし、レコーディング契約時のロイヤリティについても、本人と両親を相手に主張。

当時、判決では、アルバムからの利益は、グッドレムのファミリーカンパニー Reveir Pty Ltd側が60%、 Empire Records側が40%ということになったが、その後も、ゴタゴタ。結局、調停により、リリースしないことを条件に元プロデューサー側が支払いを受けることで決着。

2007年に、『Delta』というアルバム名でリリースされているが、これは、Empire Recordsで制作されたアルバムではなく、当時、収録曲も全く違う。

『Mistaken Identity』は、2ndアルバム 『Mistaken Identity』の曲。『Sitting On Top Of The World』と『Dancing With A Broken Heart』は、4thスタジオアルバム 『Child of the Universe』の収録曲。


Mistaken Identity


Sitting On Top Of The World


Dancing With A Broken Heart

   


nice!(281) 
共通テーマ:音楽

マイケル・ジャクソン THIS IS ITで、さらに有名に オーストラリアの歌手 Orianthi Panagaris オリアンティ・パナガリス [オーストラリア アイドル]

Orianthi Panagaris オリアンティ・パナガリスは、オーストラリアのシンガーソングライターでギタリスト。アデレード出身、1985年1月22日生まれ。

オーストラリア人とギリシャ人のハーフ。3歳からピアノを習い始め、父親は地元のミュージシャン。父親が、米ミュージシャンでギタリスト 『ジミ・ヘンドリックス』や英ロックバンド 『クリーム』などのレコードをコレクションしており、その影響で、6歳の頃にはアコースティックギターに。

11歳になると、地元で行われた米ギタリスト カルロス・サンタナのライブに影響され、父親にねだり、中古のポール・リード・スミス・カスタム24を買ってもらい、エレクトリックギターを弾くようになる。

14歳で、イギリスやフランスのバンドで演奏するようになり、音楽活動に専念するため、15歳で学校を辞めている。この年には、米ミュージシャン スティーヴ・ヴァイのサポートメンバーでステージに立つ。

2003年、18歳の頃、地元で再び カルロス・サンタナのライブが行われ、このステージに招かれ、30分ほど演奏し、ソロも披露。

2006年には、Geffen Recordsと契約。その後、米ミュージシャン プリンスと共演し、エリック・クラプトン主催のクロスロード・ギター・フェスティバルに参加。

2007年、グラミー賞最優秀新人賞を受賞した米カントリーミュージシャン キャリー・アンダーウッドのバックバンドのメンバーとして活動。この年に、デビュースタジオアルバム 『Violet Journey』をリリース。

2009年には、1945年に創刊され、世界60カ国以上で発行されるファッション雑誌 エルの『12人の偉大な女性エレキギタリスト』に選ばれ、マイケル・ジャクソンのコンサート THIS IS ITのリードギタリストに起用される。

マイケル・ジャクソンの急死により、コンサートは実現されなかったが、リハーサルを記録した映画 マイケル・ジャクソン THIS IS ITで主要メンバーの一人として取り上げられ、追悼コンサートに出演し、世界中から注目を集めることに。

2009年にリリースしたシングル 『According to You』が、最大のヒット曲で、豪ARIAチャートで8位、米US Adult Popsで6位、ビルボードの日本公式チャート JAPAN Hot 100では3位を記録。オーストラリアとアメリカで、プラチナディスクを獲得している。この曲は、2nd スタジオアルバム 『Believe』にも収録。

『Now or Never』は、2007年に映画 Bratz: The Movieのサウンドトラックとして収録された曲。2013年にリリースした 3rd スタジオアルバム 『Heaven in This Hell』では、日本盤には2つのボーナストラックを収録している。

子供の頃に感じた好きな事を突き詰めたら、世界的にも知られる女性ギタリストになり、成功したという話なのだが、やはり、ミュージシャンの父親の影響が大きいことが伺える。


According to You


Now or Never

   


nice!(317) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - オーストラリア アイドル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。