So-net無料ブログ作成
検索選択
イギリス アイドル ブログトップ
前の10件 | -

デビューアルバムがチャートで1位 イギリスの歌手 Diana Vickers ダイアナ・ヴィッカース [イギリス アイドル]

Diana Vickers ダイアナ・ヴィッカースは、イギリスの歌手、女優ファッションデザイナー。ランカシャー州ブラックバーン出身、1991年7月30日生まれ。

11歳から、歌のレッスンを受けるようになり、地元のコンテストにも参加。16歳の頃には、自分自身を見つけるため、タイに旅行しようと考えたこともあるという。

2008年、オーディション番組 The X Factor シーズン5に参加し、4位。その後、ファイナリストと共に、ツアーを行っている。2009年には、RCA Recordsと契約。

2010年、デビュースタジオアルバム 『Songs from the Tainted Cherry Tree』をリリースし、全英アルバムチャートで1位、アイルランド 7位、スコットランド 2位。

『Cinderella』は、アルバム 『Music to Make Boys Cry』に収録され、『My Wicked Heart』はシングルとしてリリースされた曲。


My Wicked Heart


Cinderella

   


nice!(282) 

HUSSLE GIRLのオーナーでもある イギリスの歌手 Ayah Marar アヤ・マラール [イギリス アイドル]

Ayah Marar アヤ・マラールは、イギリスのシンガーソングライター、ラジオショーの司会、レーベルのオーナー。ヨルダンの首都 アンマン出身、1980年9月20日生まれ。

父親はヨルダン人、母親はチェコ系ブルガリア人。18歳で英国に移住する前、ウォーリック大学で音楽を学んでいたという。

スコットランドのシンガーソングライター Calvin Harrisのデビューアルバム、英DJ Toddla Tのアルバムでも、コラボ。この頃、レコードショップ Uptown Recordsで働き、バンドを結成し、いくつかのラジオやクラブでパーソナリティも務める。

レーベル Lucky Devil Recordsの設立や運営サポートし、ロンドンでプロモーションなどもしている。その後、ソロ歌手としての活動を始め、そのとき、自身でインディーレーベル HUSSLE GIRLを設立。

このレーベルから、アルバム 『The Real』やシングルMind Controller』などをリリースしている。

『Follow U』は、Yogiの曲にゲストボーカルとして参加したもの。


Keep Me Up


Follow U

   


nice!(260) 

元S Club 7のメンバー イギリスの歌手 Hannah Spearritt ハナ・スピアリット [イギリス アイドル]

Hannah Spearritt ハナ・スピアリットは、イギリスの歌手、女優。グレート・ヤーマス出身、1981年4月1日生まれ。

3兄弟の末っ子として生まれ、3歳の頃に、婦人向け商品のカタログでモデルをしていたこともある。姉は、元モデルで、ファッションデザイナーでもあった タニヤ・スピアリット。叔父は、元プロサッカー選手だった エディ・スピアット。

12歳で、アマチュア演劇による舞台 アニーに出演し、その後、青少年劇団 National Youth Music Theatreのオーディションに受かり、女優として、ミュージカルやドラマで活躍。

1997年には、雑誌に掲載されていたダンスボーカルグループ S Club 7のオーディションを受け合格。S Club 7は、男性3人、女性4人、計7人で構成され、イギリス国内では絶大な人気を誇ったグループ。

このグループのメンバーには、National Youth Music Theatreで知り合っていた ポール・キャタモールもおり、後にボーイフレンドということで話題にもなる。このポールが、2002年に脱退すると、グループ名をS Clubとし活動したが、翌年、2003年にはグループが解散。

2008年には、7人いたメンバーのうち、3名による再結成もあった。その後、昨年には、再び、再結成の計画が持ち上がるも、ハナ・スピアットは、これを拒み、女優業に専念。

『S Club Party』と『Everybody Wants Ya』は、S Club 7のデビュー スタジオ アルバム 『S Club』に収録された曲。


S Club Party


Everybody Wants Ya

   


nice!(280) 

クリスチャン・コンテポラリー・ミュージックで人気がある イギリスの歌手 Natasha Bedingfield ナターシャ・ベディングフィールド [イギリス アイドル]

Natasha Bedingfield ナターシャ・ベディングフィールドは、イギリスのポップ歌手。サセックスのヘイワーズ・ヒース出身、1981年11月26日生まれ。本名は、Natasha Anne Bedingfield。

サセックスで生まれ、その後、南ロンドンのルイシャムに移る。ニュージーランド生まれの両親、二人の兄と妹がいる。子供の頃から音楽に興味を持ち、ピアノとギターのレッスンを受けている。

10代の頃には、兄 ダニエル、妹 ニコラと共に、ダンス・エレクトロニック グループ DNAアルゴリズムを結成。独立や平等などをテーマに曲の作詞も行い、その才能が知られるようになる。

その後、グリニッジ大学で心理学を学び、歌手活動に専念。初めてデモをレコーディングしたのは、ガレージにある友人のレコーディングスタジオだったという。

1990年代から2000年代初頭には、ペンテコステ派のHillsong Church Londonのために何曲かを制作、レコーディングしており、2004年にリリースされた、クリスチャン・コンテポラリー・ミュージックのライブアルバム 『Shout God's Fame』や『Jesus Is My Superhero』に参加。

クリスチャン・コンテポラリー・ミュージックは、キリスト教信仰に関係する事柄に重点を置いた歌詞で歌う ポピュラー音楽のこと。

2004年にリリースされた 1stアルバム 『Unwritten』では、多くのアーティストとのコラボを行い、このアルバムからの1stシングル 『Single』は、全英シングルチャートで3位、2ndシングル 『These Words』は1位を獲得。

多くのアーティストの曲に、ゲストボーカルとしても参加し、様々な賞にノミネートされ、受賞もしている。ソロになる前、DNAアルゴリズムで一緒に活動していた 兄 ダニエル・ベディングフィールドも、歌手として活動。

『I Bruise Easily』は、1stアルバム 『Unwritten』、『Soulmate』は、2nd スタジオアルバム 『Pocketful of Sunshine』に収録された曲。


I Bruise Easily


Soulmate

   


nice!(298) 

ヴィクトリア・ベッカム 初ソロの曲を抜いて1位になった イギリスの歌手 Sophie Ellis Bextor ソフィー・エリス・ベクスター [イギリス アイドル]

Sophie Ellis Bextor ソフィー・エリス・ベクスターは、イギリスのシンガーソングライター、モデル、DJ。ロンドン出身、1979年4月10日生まれ。

父親は、映画プロデューサーでディレクター Robin Bextor、母親は、子供向けテレビ番組 Blue Peterのプレゼンター、女優でもある Janet Ellis。子供の頃から母親が出演する Blue Peterに、特に娘ということに触れずに一緒に出演していたという。

4歳の頃に両親が離婚しており、男2人、女4人の6人兄弟の中で、よく面倒を見ていたという話がある。13歳になると、9歳から18歳の若者によるオペラをプロデュースする W11 Operaのオペラに出演している。

18歳になると、インディーズバンド 『Theaudience』のリードボーカルになり、世界で最も古い週刊音楽紙 Melody Makerで、『ロック界で最もセクシーな人』に選ばれるが、翌年には、バンドが解散。

2000年、歌手活動を始め、イタリアのDJ Spillerの曲 Groovejet (If This Ain't Love)にボーカルと作詞で参加し、この曲が、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなど様々な国でチャート1位を獲得する大ヒット。当時、1位だったヴィクトリア・ベッカムを上回り、大きな話題になった。

翌年には、ソロデューアルバム 『Read My Lips』をリリースし、アルバムチャートで2位。このアルバムからシングルカットされた 『Murder on the Dancefloor』は、イギリス、ニュージーランドのシングルチャートで2位となり、オーストラリア、フランス、ドイツなどでも上位にランクインし、ソロとしては、過去最大のヒット曲になる。その後も、次々とアルバムやシングルをリリースし、大半が、チャート上位にランクインしている。

歌手活動の他、2008年には、ショート・ミュージカル映画 『The Town that Boars Me』で主役を務め、動物の権利を主張し、毛皮に反対する広告にも起用されるなど、様々な活動を行っている。

『Take Me Home』と『Music Gets the Best of Me』は、ソロデビューアルバム 『Read My Lips』に収録された曲。


Take Me Home


Music Gets the Best of Me

   


nice!(265) 

英ガーディアン紙も評価、コラボやソングライターとしても活躍 イギリスの歌手 Athena アシーナ [イギリス アイドル]

Athena アシーナは、イギリスのシンガーソングライター。イギリス ロンドン出身。本名は、Athena Andreadis アシーナ・アンドレアディ。

両親は、ギリシャ人。ロンドンで生まれ、3歳でギリシャへ移住し、テッサロニキで育つ。子守歌のようなものだと思うのだが、母が寝かしつけるために、歌を歌っていたという。

アティナは、ギリシャ音楽だけではなく、ロックやクラシックも聴くようになるが、ビジネスマンの父親は、音楽への理解はなく、大学ビジネスを学ばせ、家業を手伝わせようとした。

ところが、英バース大学でビジネスを学び、優秀な成績を収めると、トリニティ・カレッジに入学し、音楽を学ぶ。このとき、ギリシャの伝統的な曲の他、ギリシャ語と英語で歌ったオリジナルソングのデモを作成。BBCラジオのDJの目に留まり、その後、Womad festivalにパフォーマンスをするために招待されている。

2006年には、ギリシャ語と英語の曲を含む、自主制作のミニアルバム 『Snapshot』をリリース。そして、初のイギリスツアーを行い、チケットは完売、ラジオで生演奏もしている。スポンサーは、Arts Council of England。

2007年、デビューアルバム 『Breathe With Me』をリリースし、ヴァージン UK チャートで、17位。BBCラジオで流れ、ガーディアン紙がシンガーソングライターとして、高く評価。

2010年には、2ndアルバム 『Peeling Apples』をリリース。このアルバムは、ギリシャでもリリースされ、プロデューサーは、スウェーデンのTobias FröbergとMagnus Frykberg、様々な楽器を操るマルチプレーヤー Ben Trigg、Tom Masonなどと制作。

この他、様々なアーティスト Chris Difford、Geoff Martyn、Chaz Jankel などとのコラボ、 バンド FastballやAdam Levyなどへの楽曲提供も行っている。

『Finding England』、『Little Jane』、『I know』は、『Peeling Apples』に収録された曲。


Finding England


Little Jane


I know

  


nice!(293) 

天才少女と呼ばれた イギリスの歌手 Charlotte Church シャルロット・チャーチ [イギリス アイドル]

Charlotte Church シャルロット・チャーチは、イギリスのシンガーソングライター、女優。ウェールズの首都 カーディフにあるランダフ出身、1986年2月21日生まれ。

子供の頃は、カトリックとして育ち、父親とは別居しており、1999年に母親が再婚。クラブ歌手の叔母の薦めで、9歳から本格的な歌のトレーニングを行っている。

10歳になると、当時、放送されていたトーク番組 Richard and Judyをテレビで観た際、才能がある子供を募集しており、本人が直接電話を掛けている。

1997年、朝の番組 This Morningでは、アンドリュー・ロイド・ウェバーのレクイエム 『pie jesu ピエ・イエズ』を電話からだが歌い、話題に。この年、テレビ番組 Big, Big Talent Showに叔母と共に出演し、ここでも 『ピエ・イエズ』を歌い、その後は、様々な番組に呼ばれ、コンサートにも出演するようになる。

1998年には、ソニーBMGと契約し、天才少女として、デビューアルバム 『Voice of an Angel』をリリース。宗教や民謡の曲を収録し、ジャンルとしては、クラシックとポピュラー音楽を合わせた クラシカル・クロスオーバーで、イギリスだけではなく、アメリカ、カナダ、オーストラリア、香港などでプラチナディスクを獲得、世界で1000万枚を超える大ヒットを記録。

翌年、1999年には、2ndアルバム 『Charlotte Church』をリリース。こちらも、デビューアルバムほどではないが、世界中でヒット。これまで、様々な賞も受賞し、2005年頃からは、ポップな曲もリリースするようになる。

『pie jesu ピエ・イエズ』は、デビューアルバム 『Voice of an Angel』、『Back to Scratch』は、6thアルバム 『Back to Scratch』に収録されたタイトル曲。


pie jesu


Back To Scratch

   


nice!(278) 

異色の経歴を持つ イギリスの歌手 Neon Hitch ネオン・ヒッチ [イギリス アイドル]

Neon Hitch ネオン・ヒッチは、イギリスのシンガーソングライター。ノッティンガム出身、1986年5月25日生まれ。

父親は、照明技術者。ノッティンガムで生まれ、しばらくして、ロンドンに移り住んでいる。子供の頃に、自宅が全焼してしまい、母親がキャラバン、キャンピングカーのようなものを買い生活を始める。

ヨーロッパのあちらこちらで、路上パフォーマンスや自作のジュエリー・衣類を販売。4歳頃から、Archaos Circus アルカオス・サーカスと共に、パフォーマンスしながら、各地を周るようになり、そのため、学校へは通っていない。

10歳になると、詩や歌詞を書くようになり、やがて、歌うようにもなる。10代の頃、空中ブランコ、日本でいうところの竹馬のようなものも訓練し、ヨーロッパ中で公演。BBCのドキュメンタリーに、取り上げられたこともある。

その後、インドで数年過ごし、16歳で再びロンドンに戻り、今度は、ミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせる。2010年に、デビューアルバム 『Beg, Borrow, and Steal』のレコーディングを始めるが、契約していたレーベル The Beatsが突然解散。

後に、多くのミュージシャンが利用するSNS Myspace上で、ネオン・ヒッチがアメリカのミュージシャン Benny Blancoの目に止まり、ニューヨークに移住し、共に仕事をするようになる。そして、EMIとWarner Bros. Recordsと契約を結ぶことに。

デビューアルバム 『Beg, Borrow, and Steal』は、今年、2013年にリリースされている。『F**K U Betta (Fuck U Betta)』は、『Gold』は、このアルバムに収録され、どちらも、US Dance chartで1位になった曲。


F**K U Betta


Gold

   


nice!(280) 

BBCのラジオドラマ The Archersにも出ていた イギリスの歌手 Natalia Kills ナタリア・キルズ [イギリス アイドル]

Natalia Kills ナタリア・キルズは、イギリスのシンガーソングライター、女優、。ウェスト・ヨークシャー州ブラッドフォード出身、1986年8月15日生まれ。

父親は、アフロ・ジャマイカン(ジャマイカ系黒人)、ウルグアイ人の母との間に生まれる。1995年、9歳で女優デビューし、シチュエーションコメディ番組 All About Meでは、Sima役でレギュラー出演。この他、BBCのラジオドラマ The Archersにも出ている。曲を書き始めたのは、14歳頃から。

The Archersは、ラジオドラマなのだが、1951年から現在も続く長寿番組。2003年に、ナタリア・キルズが、このラジオドラマを終え、その後は、音楽活動に専念。

2005年には、レコード会社 Adventures in Musicと契約し、Verbalicious ヴァーバリシャスという名で、シングル 『Don’t Play Nice』をリリース。その後、映画のために曲を書きつつ、自身で制作した曲 Wommanequinをミュージシャンが多く利用するSNS Myspaceに掲載。

すると、米男性ブロガーテレビパーソナリティでもある Perez Hilton ペレス・ヒルトンの目にとまり、この曲が、200万回再生され、契約していないアーティストチャートでトップに。これがキッカケで、コンサートやフェスティバルの参加オファーが来るようになり、米ロサンゼルスに移住。

DJの紹介で、ラッパーでプロデューサーでもある will.i.am ウィル・アイ・アムと出会い、どこともレコード契約を結んでいなかったため、ウィル・アイ・アムのレーベル will.i.am Music Groupと契約。このときから、ナタリア・キルズで活動を始める。

2011年に、デビュースタジオアルバム 『Perfectionist』をリリース、ビルボードマガジンのDance/Electronic Albumsで6位。今年、2013年には、2ndアルバム 『Trouble』をリリース予定。

Free』と『Mirrors』は、デビュースタジオアルバム 『Perfectionist』に収録された曲。


Free


Mirrors

   


nice!(287) 

米メディアが絶賛する イギリスの歌手 Charli XCX チャーリー・エックス・シー・エックス [イギリス アイドル]

Charli XCX チャーリー・エックス・シー・エックスは、イギリスのシンガーソングライター。ハートフォードシャー出身、1992年8月2日生まれ。本名は、Charlotte Aitchison。

2006年、14歳の頃、学校では、アートが好きで音楽が嫌いだったが、自宅に帰ると、曲を作り始め、寝室でデモを制作するようになり、この頃から、アルバムのレコーディングを始める。

2008年には、両親の援助もあり、2つのシングル 『!Franchesckaar!』と『Emelline"/"Art Bitch』、そして、アルバム 『14』を自身のレーベル Orgy Musicからリリース。これらは、プロモーションとしてのリリースで、商業的なものではない。

その後、レーベル IAMSOUND Recordsと契約し、2011年には、イギリスのDJでプロデューサー Alex Metricの曲 『End of the World』、Starkeyの曲 『Lost in Space』にゲストボーカルとして参加。この年、自身も4thシングルとして、『Nuclear Seasons』をリリース。

昨年、2012年、スイスのDJデュオ Icona Pop アイコナ・ポップの曲 『I Love It』に、ゲストボーカルとして加わり、この曲が、全英シングルチャートで1位、スウェーデン・ナショナル・レコード・チャートで2位、ドイツ、オーストリア、オーストラリアのARIAチャートで3位、米Billboard Hot 100で7位など、大きな話題となり、各地でゴールド・プラチナディスクを獲得。

今年、米テキサス州オースティンで開催された大規模なフェスティバル SXSW 2013でも、アイコナ・ポップとステージに立ち、各メディアが、そのパフォーマンスに注目し絶賛。SPIN、ワシントン・ポストも高評価で、リベラル系ネット新聞 ハッフィントン・ポストは『今年は彼女の年だ』と言うほど。

この後、4月にリリースされたアルバム 『True Romance』は、米Top Heatseekersで5位、オーストラリアのARIAチャートで11位、全英アルバムチャートでは85位になっている。

『You (Ha Ha Ha)』は、アルバム『True Romance』に収録され、『I Love It』は、Icona Popのシングル曲。


You (Ha Ha Ha)


I Love It

   


nice!(284) 
前の10件 | - イギリス アイドル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。