So-net無料ブログ作成
検索選択
ニュージーランド アイドル ブログトップ

ガールズグループ TrueBlissの元メンバー ニュージーランドの歌手 Carly Binding カーリー ・バインディング [ニュージーランド アイドル]

Carly Binding カーリー ・バインディングは、ニュージーランドのシンガーソングライター。タウランガ出身、1978年2月2日生まれ。

父親は、画家 Wellesley Binding。1999年、リアリティ番組 Popstarsから結成された ガールズグループ TrueBlissのメンバーとなり、活動。

このグループは、この年にリリースしたアルバムDream』、シングルTonight』はチャートで1位となる人気ぶり、飲料メーカー ペプシとスポンサー契約も結んでいる。

翌年、2000年には、TrueBlissが解散し、カーリー ・バインディングは、ソロ歌手としての活動に専念。TrueBlissは、2012年、再結成され、小児がん基金のために、シングルをリリースしている。

2003年、デビューソロアルバム 『Passenger』をリリースし、アルバムチャートで6位。

This is it』は、アルバム 『Passenger』、『So Radiate』は、アルバム 『So Radiate』に収録された曲。


This is it


So Radiate

   


nice!(256) 

子供の頃から女優として活躍する ニュージーランドの歌手 Michala Banas ミカラ バナス [ニュージーランド アイドル]

Michala Banas ミカラ バナスは、ニュージーランド女優で歌手。ウェリントン出身、1978年11月14日生まれ。

父親は、プロデューサー John Banas。10歳の頃には、家族で、オーストラリアに移り住む。生後 18ヶ月でCM出演し、5歳で、映画 Dangerous Orphansに出演し、映画デビュー

1995年には、ニュージーランドとオーストラリアの合作 テレビドラマ Mirror, Mirrorに、Louisa Iredale役で出演。この他、数々の映画やテレビドラマに出演し、女優として活躍。

2003年には、デビューシングル 『Kissin' the Wind』をリリース。オーストラリアのARIAシングルチャート Top 30で、28位。


Kissin' The Wind

  


nice!(255) 

映画 No. 2の曲が大ヒット ニュージーランドの歌手 Hollie Smith ホーリー・スミス [ニュージーランド アイドル]

Hollie Smith ホーリー・スミスは、ニュージーランドのシンガーソングライター。オークランド出身、1982年11月17日生まれ。

継父は、有名なミュージシャン。ニュージーランドのナショナル・ジャズ・フェスティバルで、最優秀女性歌手として優勝した後、16歳でアルバム 『Light From a Distant Shore』をリリース。このアルバムは、継父によりプロデュースされている。

2003年には、バンド TrinityRootsと共に、ウェリントンに移り、2005年には、ミニアルバム Hollie Smithをリリースし、RIANZ アルバムチャートで18位。翌、2006年にリリースされたデビューアルバム 『Long Player』は、1位となり、2xプラチナを獲得する大ヒット。

ニュージーランドの映画 No. 2 のサウンドトラックに収録された曲 『Bathe In The River』は、Mt Raskil Preservation Societyとの曲で、22週に渡りトップ10入りした話題の曲。


Mamma


I Will Do

   


nice!(268) 

父への曲が話題になった ニュージーランドの歌手 Gin Wigmore ジン・ ウィグモア [ニュージーランド アイドル]

Gin Wigmore ジン・ ウィグモアは、ニュージーランドのシンガーソングライター。オークランド出身、1986年6月6日生まれ。本名は、Virginia Wigmore。

上に、兄と姉の3人兄弟。姉は、1992年から現在も続く、ニュージーランドの長編ドラマ Shortland Streetに、 Justine Jones役で出演している女優

14歳から曲を書くようになり、2年後に父親が癌でなくなり、音楽から遠ざかる。その後、交流プログラムにより、幼稚園で教えるためにアルゼンチンへ。

ニュージーランドに帰国すると、父への思いを曲にした 『Hallelujah』を作る。すると、姉が、この歌詞をインターナショナル・ソングライティング・コンテストに出したところ、77ヶ国から寄せられた 1万1千の応募の中から選ばれ、優勝。

どこにも所属しておらず、歴代でも、最も若い優勝者となり、10代の部でも優勝。この曲は、米テレビドラマ One Tree Hillのフィナーレでも、使われている。

2008年には、この曲を含むミニアルバム 『Extended Play』がリリースされ、RIANZ アルバムチャートで10位となり、プラチナディスクを獲得。RIANZは、ニュージーランド・レコード産業協会の略。

2009年には、ニュージーランドのラップグループ Smashproofとの曲 『Brother』が、シングルチャートで1位になる大ヒットとなり、この年に、最も売れたシングルとして、ニュージーランド・ミュージック・アワードで受賞。

この年にリリースした デビューアルバム 『Holy Smoke』も、アルバムチャートで1位になり、4x プラチナとなる大ヒット。2011年のアルバム 『Gravel & Wine』も、デビューアルバムを上回らなかったものの、大ヒットしている。


Oh My


Black Sheep

  


nice!(261) 

妹とのパフォーマンスが地元で注目を集め ニュージーランドの歌手 Hayley Westenra ヘイリー・ウェステンラ [ニュージーランド アイドル]

Hayley Westenra ヘイリー・ウェステンラは、ニュージーランドの歌手でユニセフ・アンバサダー。ニュージーランド南東中部 クライスチチャーチ出身、1987年4月10日生まれ。本名は、Hayley Dee Westenra。

祖母は、歌手 Shirley Ireland、祖父はピアニスト。6歳の頃に、学校のクリスマス会で、メインで歌う役になり、これを観ていた先生が、 『ピッチ・パーフェクト』と称し、これは、誰もが知る人気のアカペラ映画のタイトル。この教師の勧めにより、バイオリン、ピアノ、ギターなどの楽器の弾き方を学ぶようになり、ボイスレッスンの受けるようになる。

11歳の頃には、すでに、40以上のステージに立ち、12歳で、友人や家族向けに、デモアルバム 『Walking in the Air』を制作。その後、妹と一緒に、地元のクライストチャーチで、路上などでパフォーマンスを行い、アルバム 70枚を配り、1000枚は販売。

すると、話題となり、カンタベリーテレビジョンのジャーナリストから出演の声を掛けられ、プロモーション・カンパニーからも興味を持たれ、後に、ユニバーサル・レコードと契約。2001年、14歳の頃に、アルバム 『Hayley Westenra』をリリース。

2003年から、インターナショナル・スタジオ・アルバムとして、2003年 『Pure』、2005年 『Odyssey』、2007年 『Treasure』をリリースし、いずれも、ニュージーランドのアルバムチャートで1位、海外のチャートでもランクインする大ヒット。その後も、定期的に、2年おきにアルバムをリリースしている。

『May It Be』は、アルバム 『Odyssey』、『Never Say Goodbye』は、アルバム 『Pure』に収録された曲。


May It Be


Never Say Goodbye

   


nice!(249) 

大富豪の娘でもある ニュージーランドの歌手 Annabel Fay アナベル・フェイ [ニュージーランド アイドル]

Annabel Fay アナベル・フェイは、ニュージーランドのポップ歌手。オークランド出身、1987年10月23日生まれ。本名は、Annabel Charlotte Fay。

父親は、ニュージーランドで10指に数えられる有名な大富豪 マイケル・フェイ。子供の頃から、音楽を好み、ボーカル・パフォーマンスとオーディオ・エンジニアを米コロンビアカレッジシカゴで学ぶ。

ニュージーランドで行われたクリスマスパーティーで歌い、それを音楽プロモーターが聴いたことがキッカケになり、2006年、19歳の頃に、デビューシングル 『Lovin' You Baby』をリリースし、ニュージーランド Top 40 シングルで、9位となり、8週に渡りランクイン。

翌年には、デビュースタジオアルバム 『Annabel Fay』をリリースし、アルバムチャートで30位。2008年には、Vodafone NZ Music Awardの最優秀女性アーティストにノミネートされたこともある。

2011年には、2ndアルバム 『Show Me the Right Way』は、アルバムチャートでは8位となっているが、初月の販売枚数が振るわず、デビューアルバムを超える成功には至っていない。

『HOLD ON』と『Warrior』は、2013年のアルバム 『Brave the Rain』に収録された曲。


HOLD ON


Warrior

 


nice!(262) 

クラシカル・クロスオーバーの曲で話題になった ニュージーランドの歌手 Lizzie Marvelly リジー・マーベリー [ニュージーランド アイドル]

Lizzie Marvelly リジー・マーベリーは、ニュージーランドのシンガーソングライター。ロトルア出身、1989年7月5日生まれ。本名は、Elizabeth Lillian Marvelly。

2006年から歌手活動を始め、2007年には、デビューアルバム 『Elizabeth Marvelly』をニュージーランドとオーストラリアでリリース。このアルバムは、クラシック音楽とポップ音楽を融合したもので、ニュージーランドのアルバムチャートで8位となり、ゴールドディスクを獲得。

2011年には、2ndアルバム 『Home』をリリースし、このアルバムでは、ニュージーランド・シンフォニー・オーケストラや英Got Talentで知られる ポール・ポッツをゲストに迎え、アルバムチャートで6位。

2014年には、ポップ歌手として、リジー・マーベリー名義で、初のポップシングル 『Generation Young』をリリース。今年、ミニアルバムのリリースも予定している。


Generation Young


My Own Hero

 


nice!(258) 

Gotyeとのデュエット曲が話題になった ニュージーランドの歌手 Kimbra キンブラ [ニュージーランド アイドル]

Kimbra キンブラは、ニュージーランドのシンガーソングライター。ハミルトン出身、1990年3月27日生まれ。本名は、Kimbra Lee Johnson。

父親は、医師、母親は、整形外科の看護師。10歳で曲を書き始め、この頃には、ニュージーランドの競馬 Waikato Times Gold Cupで、国家を歌うなどしている。

12歳で父親からギターを貰う。ギターの弾き方は教わるも、歌い方は誰にも教わらず。14歳の頃、ニュージーランド中から中高生のバンドが参加する音楽コンテスト Smokefreerockquestで、準優勝。

2010年には、1stシングル 『Settle Down』をリリース。2011年には、オーストラリアの歌手 Gotye ゴティエの曲 『Somebody That I Used to Know』にゲストボーカルとして参加し、この曲が大ヒット。オーストラリア、オーストリア、ベルギー、カナダ、ドイツ、アイルランド、ニュージーランド、全英チャート、米Billboard Hot 100で1位。

この年にリリースされた デビュースタジオアルバム 『Vows』も、話題となり、オーストラリアで4位、ニュージーランドで3位、米Billboard 200で14位となり、オーストラリアとニュージーランドでプラチナディスクを獲得している。

『Two Way Street』と『Deep For You』は、アルバム 『Vows』に収録された曲。


Two Way Street


Deep For You

   


nice!(269) 

2013年に大ヒットした ニュージーランドの人気歌手 LORDE ロード [ニュージーランド アイドル]

LORDE ロードは、ニュージーランドのシンガーソングライター。オークランド出身、1996年11月7日生まれ。本名は、Ella Marija Lani Yelich-O'Connor。

母親は、賞を受賞した詩人 Sonja Yelich、父親は、土木技師。上に姉が一人おり、下に弟と妹がいる 6人家族。5歳の頃に、友人の影響で劇団に入り、歌と演技を好むようになる。

2009年、13歳の頃に、友人 Louis McDonaldと学校のタレントショーに参加し、優勝。そのときのパフォーマンスを観た友人の父親が、ロードの才能に気づき、Duffyのヒット曲 『Warwick Avenue』などを歌う姿を録画したものを様々なタレントスカウトに送る。

すると、アーティストをスカウトする Scott Maclachlan スコット・マクラクランの目に留まる。その後、マクラクランは、レコード業界とのアプローチサイト HitQuartersへ、ロードへの協力を呼びかけ、これに応じた、グラミー賞を受賞したこともある プロデューサー Joel Littleが関わり、そのときに制作されたのが、『Royals』などの3曲。

2012年、デビューミニアルバム 『The Love Club』を音楽配信サイト SoundCloudを通じて、無料で配信。マクラクランが、お金の心配は置いておこうと提案し、6万ダウンロードとなり。これにより、ユニバーサル・ミュージックとの契約に至る。

翌 2013年には、2つのミニアルバム 『The Love Club』と『Tennis Court』、シングル 『Royals』、『Tennis Court』、『Team』、そして、デビュースタジオアルバム 『Pure Heroine ピュア・ヒロイン』をリリース。

シングル 『Royals』は、ニュージーランドを始め、カナダ、アイルランド、全英シングルチャート、米 Billboard Hot 100で1位。このアルバムも大ヒットし、ニュージーランドと豪ARIA Chartsで1位となり、米国だけで100万枚を超えるセールスを記録している。

『Royals』と『Team』は、アルバム 『Pure Heroine』に収録された曲。


Royals


Team

   


nice!(262) 

ニュージーランドで人気の歌姫 Brooke Fraser ブルック・フレーザー [ニュージーランド アイドル]

Brooke Fraser ブルック・フレーザーは、ニュージーランドのシンガーソングライター。首都のウェリントン出身、1983年12月15日生まれ。

ピアノは7歳から17歳まで習い、アコースティックギターは独学。声質に特徴があるのだが、ボイスレッスンなどは受けていないという。

15歳の頃には、キリスト教の若者向けマガジン 『Soul Purpose』の雑誌記者となり、2002年には編集者となるが、音楽活動のため、すぐに辞めている。

2003年にリリースした1st アルバムWhat to Do with Daylight』は、全曲作詞作曲。これがヒット。

このアルバムが、ニュージーランドで1位となり、その後、米国デビューアルバムとなる2ndアルバム 『Albertine』、3rdアルバム 『Flags』が、全て1位。

ニュージーランドでは、広く知られる人気歌手。曲調は、全体としては、フォーク調が多い。


Something in the Water


Flags

   


nice!(83) 
ニュージーランド アイドル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。