So-net無料ブログ作成
スペイン アイドル ブログトップ

12歳から歌手活動、女優としても活躍する スペインの歌手 Edurne エドゥルネ [スペイン アイドル]

Edurne エドゥルネは、スペインのポップシンガーで女優。マドリード出身、1985年12月22日生まれ。本名は、Edurne García Almagro。

子供の頃から音楽が好きで、家族や友人とカラオケに行くような家庭だったという。12歳の頃には、音楽グループ Trastosのメンバーとなり、3つのアルバムをリリースし、テレビ番組にも出たこともある。

日本では、カラオケに行くというのは、特別なことではないが、海外では、カラオケがそれほど身近ではないだけに、家族でカラオケに行くというのは、かなり歌が好きな家庭ということになる。

2002年、17歳の頃には、医療ドラマ Hospital Centralに出演。1つのエピソードに出演したカタチなのだが、このドラマ、2000年から2012年まで続いた長いシリーズ。その後も、様々なテレビドラマ、ショートフィルムに出演するなど、女優として活動している。

2005年、スペインのオーディション番組 Operación Triunfo 第4シーズンに出場。ここでは、カイリー・ミノーグの曲 『In Your Eyes』、ナンシー・シナトラの『These Boots Are Made for Walking』などを歌い、ファイナリストに。結果は、6位。その後、ソニーミュージックと契約。

翌年、2006年には、デビューアルバム 『Edurne』をリリースし、アルバムチャートで3位となり、6万枚のセールスを記録し、ゴールドディスクを獲得。これが、現時点では、過去最大のヒット。

この年には、1st シングル 『Despierta』もリリースしており、こちらも、スペイン シングルチャートで5位、ギリシャのラジオチャートでは1位になっている。

『Soy Como Soy』と『Oigo Mi Corazón』は、アルバム 『Nueva Piel』に収録された曲。


Soy como Soy


Oigo Mi Corazón

   


nice!(278) 
共通テーマ:音楽

スペインのフラメンコ歌手 MARIA DEL MAR FERNANDEZ マリア・デル・マール・フェルナンデス [スペイン アイドル]

MARIA DEL MAR FERNANDEZ マリア・デル・マール・フェルナンデスは、スペインのフラメンコ歌手。カディス出身、1978年10月1日生まれ。

14歳から歌手として、有名なフラメンコ・アーティスト Pilar Ogalla、 Inmaなどと共に活動。1993年から、スペイン南部にある アンダルシア州マラガで行われた Young Andalusian Flamenco Contestに参加し、ソロ活動も行うようになる。

1999年には、来日し6ヶ月間、大阪にあるTablao タブラオ El Flamenco エル フラメンコで出演している。タブラオは、スペイン料理、お酒を飲みつつ、プロのフラメンコのショーが楽しめるお店のこと。

このとき、俳優でフラメンコ・ダンサー ホアキン・コルテス、フラメンコ・ギタリスト パコ・ペーニャ、ベテラン・フラメンコ歌手 ホアン ビジャールと共演。

2011年、フラメンコソング 『Señorita セニュリータ』が、インドのコメディ映画 Zindagi Na Milegi Dobara (邦題:人生は一度だけ)の主題歌に。この映画は、インドで大ヒットし、ハリー・ポッターの観客動員数を抜いたほどの人気ぶり。

今年、2013年には、アルバム 『Una Gaditana En Bollywood』をリリースしている。


La India


Señorita

   


nice!(279) 
共通テーマ:音楽

ノルウェーのメタルバンド Sirenia サイレニアのヴォーカル スペインの歌手 Ailyn アイリン [スペイン アイドル]

Ailyn アイリンは、スペインの歌手、シンフォニック・メタルとゴシックメタルを混ぜたノルウェーのメタルバンド Sirenia サイレニア (シレニア)のヴォーカル。バルセロナ出身、1982年5月29日生まれ。本名は、Pilar Giménez García。

15歳で、楽譜を読む基礎訓練 ソルフェージュとクラシックな歌唱をアルベニス音楽学校で学ぶ。2002年、20歳の頃、コルネリャー・デ・リョブレガートで行われたファッションショーで歌ったのが、プロの音楽活動としては初。このイベントは、アルツハイマー患者のための資金調達を目的としている。

2003年には、日本のアニメソングを歌う女性3人組グループ Charm チャルムのメンバーとして契約。この年に、1stアルバム 『Konnichiwa (こんにちわ)』をリリースするも、意見の食い違いから、ソロとしての活動を目指し、自身でいくつかの曲をレコーディング。

2004年には、Charmは、2ndアルバムリリース。このアルバムには、犬夜叉の曲 『En lo profundo del bosque (深い森)』などを収録。この頃に、Charmを脱退。その後、Charmは、2人で活動し、2010年に解散。

2005年、国際的なポップ・ミュージック・フェスティバル Canzoni Dal Mondoで、10人のファイナリストに入り、ソング・フェスティバル Canary Islandsにも2回参加。この他、オーディション番組 Xファクターのスペイン版にも出演。

2008年、500名を超える参加者から、メタルバンド Sireniaのヴォーカルに選ばれ、現在も活躍している。Sireniaは、メンバーの入れ替わりが激しく、ヴォーカルも2,3年ほどで代わっていたが、アイリンになり落ち着いている。

『The Path to Decay』は、2009年の4thアルバム 『The 13th Floor』、『The End of It All』は、2010年の5thアルバム 『The Enigma of Life』、『Seven Widows Weep』は、2013年、今年にリリースされた6thアルバム 『Perils of the Deep Blue』に収録された曲。


The Path to Decay


The End of It All


Seven Widows Weep

   


nice!(274) 
共通テーマ:音楽

パストラ・ソレールを叔母に持つ スペインの歌手 Mirela Cabero ミレーラ・カベーロ [スペイン アイドル]

Mirela Cabero ミレーラ・カベーロは、スペインの歌手。アランフエス出身、1990年7月31日生まれ。

叔母は、スペインの歌手で、フラメンコとポップ音楽を融合させるなどしている Pastora Soler パストラ・ソレール。ミュージシャンである叔母の影響を強く受け、この子供の頃から、様々な音楽コンテストに参加。

2004年になると、ジュニア・ユーロビジョン・ソング・コンテストに代表で参加するための音楽コンテスト Eurojuniorに参加。そこでは、『Conoci El Amor』を歌ったが、優勝できず。

2006年には、レコード契約が優勝者に与えられるオーディション番組 Gente de Primeraでは、セリーヌ・ディオンの曲 『All by Myself』、マライヤ・キャリーの『Hero』を歌い、非の打ちどころのないパフォーマンスと審査員や観衆から高い評価を得るが2位となり、優勝を逃す。

2007年にも、オーディション番組 Misión Eurovisión 2007に参加するも、審査員も高評価で人気を集めるが、ここでも再び2位に。


Nada es Comparable a Ti


Sola Otra Vez (Gente de Primera)


nice!(290) 
共通テーマ:音楽

パープル・レインで話題にもなった スペインの歌手 Ruth Lorenzo ルース・ロレンツォ [スペイン アイドル]

Ruth Lorenzo ルース・ロレンツォは、スペインのシンガーソングライターで女優。スペイン南東部にある ムルシア出身、1982年11月10日生まれ。

子供の頃に、ミュージカルのアニーのファンで、言葉の意味は分らないまま、曲に合わせて英語で歌い、6歳の頃、スペインで有名なオペラ歌手 モンセラート・カバリェのアルバムを母に買ってもらい、真似をして歌っていたという。

1994年、家族でアメリカに移り住み、12歳で音楽を学ぶ機会を得て、先生達が様々なコンテストに参加させ、オペラ座の怪人、マイ・フェア・レディなどのミュージカル公演でも演じるようになる。

ところが、16歳の頃にスペインに家族で戻ることになり、財政的にもレッスンを続ける余裕もなく、アーティストとしての夢を諦めている。

19歳になると、ロックバンドに加わり、スペインのタレント発掘番組 Operación Triunfoのセカンドシーズンに参加するも、第1ラウンドで敗退。

その後、家業の仕事を辞め、再び夢を目指して、スペイン各地でツアーを行うも、3年後には、バンドと別れている。

2008年には、エックス・ファクターに出場し、第8週まで進むものの、視聴者からの投票が振るわず、最下位で落選。第2週でプリンスの『パープル・レイン』を歌い、これがYouTubeにアップされ、悪い意味で話題になり、これが投票に影響したかもしれない。翌年には、ファイナリストとして、エックス・ファクターのライブツアーに参加。

歌うジャンルは、ロックだけではなく、ラテンポップ、オペラ。イギリスの芸能・ニュース ウェブサイト Digital Spyでは、様々な賞にノミネートされたりもしている。

『Burn』は、2011年にリリースされたデビューシングル。スペインのシングルチャートでは、最高16位。


Burn


The X Factor 2008 Purple Rain


nice!(146) 
共通テーマ:音楽

テレビドラマで大人気 スペインの歌手 Beatriz Luengo ベアトリス・ルエンゴ [スペイン アイドル]

Beatriz Luengo ベアトリス・ルエンゴは、スペインのシンガーソングライター、女優、ダンサー。マドリード出身、1982年12月23日生まれ。

6歳の頃にショービジネスに興味を持ち、バレー、ジャズダンス、フラメンコなどを学び、10歳で友人2人と音楽グループ Tatuを結成するも、レコーディングはしたもののリリースされることはなく、その後、TV番組内で歌うなどしている。

2001年に、スペインで最も人気があるテレビドラマ Un Paso Adelanteに出演し、スペイン語圏はもちろん、ヨーロッパで大人気に。

2005年、歌手活動を開始し、初のデビューソロアルバム『Mi generación』をリリース。R&Bやポップにフラメンコのビートを取り入れ、スペインチャートで20位。このアルバムからシングルカットされた、『Go Away』は、シングルチャートで1位を獲得。

2011年にリリースされたアルバム『Bela Y Sus Moskitas Muertas』では、キューバ人ラッパー ジョトゥエル(オリーシャス)などをプロデューサーに。『Como Tú No Hay 2』と『Lengua』は、このアルバムに収録された曲。

ジャマイカのレゲエミュージシャン ボブ・マーリーの大ファンで、このアルバムにある 『He Prometido』では、ボブ・マーリーの長男 Ziggy Marley ジギー・マリーをゲストボーカルに迎えた曲。


Como Tú No Hay 2 ft. Yotuel


Lengua ft. Shaggy

   


nice!(110) 
共通テーマ:音楽
スペイン アイドル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。