So-net無料ブログ作成
エストニア アイドル ブログトップ

エストニアで人気の歌手 Ines イネス [エストニア アイドル]

Ines イネスは、エストニアのシンガーソングライター。ハープサル出身、1981年5月26日生まれ。本名は、Eda-Ines Etti。

2000年、ユーロビジョン・ソング・コンテストにエストニア代表で参加、『Once in a Lifetime』を歌い、4位。

2002年には、フィンランドのモバイルチケットカンパニー Plusdialの顔になる。モバイルチケットカンパニーは、携帯電話やモバイル端末により、チケット購入などを扱う企業。

この頃、ユーロビジョン・ソング・コンテストの投票に関するスポークスマンの一人としても活動し、2005年には、エストニア代表を選出する Eurolaulの副プレゼンターも務める。

2004年に、1stアルバム 『15 magamata ööd』をリリース。このアルバムに収録された曲 『15 magamata ööd』により、エストニア・ミュージック・アワードの Female Artist of the Yearを受賞し、2000年に続き、2度目。

2005年、自身のバックアップバンドを結成し、この年に、アルバム 『Uus päev』をリリース。このバンドには、ベースに兄 Ivo Ettiおり、この兄も、2003年、エストニアのインディロックバンド Ruffusのメンバーとして、ユーロビジョン・ソング・コンテストに参加したこともある。

『Iseendale』は2006年、『Tule-Tule』は2011年に、シングルとしてリリースされた曲。


Iseendale


Tule-tule


nice!(268) 
共通テーマ:音楽

バニラニンジャで作曲も行う エストニアの歌手 Piret Järvis ピレット・ヤルヴィス [エストニア アイドル]

Piret Järvis ピレット・ヤルヴィスは、エストニアのシンガーソングライターでギタリスト。タリン出身、1984年2月6日生まれ。

姉と弟がいる。高校卒業後、コンコルディア国際大学で、メディアとPRを専攻し、タリン大学ではジャーナリズムとコミュニケーションを学ぶ。

2002年、ガールズグループ バニラニンジャが結成され、そのメンバーとして活動。自身で作詞した曲 『Club Kung Fu』は、このグループが広く知られるキッカケにもなり、その後も、数々の曲を生み、メンバーとして歌うだけではなく、裏方としても活躍。

グループ内では、見た目の良さやスタイリッシュさもあり、インタビューにも答える スポークスマンとしての役割も果している。2005年、雑誌 Kroonikaでは、エストニアで最もセクシーな女性にも投票で選ばれている。

2008年、ダンスリアリティ番組 Dancing with the Starsのエストニア版 Tantsud tähtedega シーズン3にも参加。現在は、エストニア公共放送の編集者で、プレゼンターでもある。

バニラニンジャは、現在も活動。このグループは、結成当初は4人組みだったのが、現在は3人組。現在の3人、ピレット・ヤルヴィス、レナ・クールマー、カトリン・シスカは、結成当初からのメンバー。

『Tough Enough』と『WHEN THE INDIANS CRY』は、アルバム 『Traces of Sadness』に収録された曲。


Tough Enough


WHEN THE INDIANS CRY

   


nice!(282) 
共通テーマ:音楽

バニラニンジャの元メンバー エストニアの歌手 Marya Roxx [エストニア アイドル]

Marya Roxxは、エストニアのロック・メタルのシンガーソングライター。タリン出身、1986年1月18日生まれ。本名は、Maarja Kivi マールャ・キビ。

2002年に結成された ガールズグループ Vanilla Ninja バニラニンジャのメンバーとして、結成当初から活動。2004年に、元マネージャーと結婚し、この頃に、娘も生まれ、このグループを脱退。

2006年に、デビューシングル 『Could You』をリリース。この曲は、ドイツやフィンランドにも知られるようになり、2008年、ミニアルバム 『21?! EP』をリリース。収録曲のうち、4曲中3曲が自身によるもの。

2008年と2010年、デビューアルバム 『Payback Time』がリリースされている。

『21?! EP』は、ミニアルバム 『21?! EP』に収録され、『BLINDED』はシングルとしてリリースされた曲。


21?! EP


BLINDED

  


nice!(261) 
共通テーマ:音楽

バニラニンジャの元メンバー エストニアの歌手 Lenna Kuurmaa レナ・クールマー [エストニア アイドル]

Lenna Kuurmaa レナ・クールマーは、エストニアのシンガーソングライター。タリン出身、1985年9月26日生まれ。

1990年、5歳の頃から、公共放送 エストニアTVによる合唱団 Lasteekraani Muusikastuudioのメンバーとして活動。国内外、数々の音楽フェスティバルに参加。2000年から2006年にかけ、タリン音楽学校で、ヴァイオリンを学ぶ。

2002年に脱退後、その年に、ガールズグループ Vanilla Ninja バニラニンジャが結成され、ボーカルとギターを担当。このグループは、スイス代表として、ユーロビジョン・ソング・コンテストにも参加。

2007年に、このガールズグループが解散し、2009年からは、ソロ歌手として活動しつつ、バンド Lennaを結成。2010年、デビューアルバム 『Lenna』をリリース。

2010年、2012年に、ユーロビジョン・ソング・コンテストのエストニア代表を選考するコンテスト Eesti Laulに参加、どちらも、2位となり、惜しくも、優勝を逃している。


Mina Jään


Supernoova

   


nice!(265) 
共通テーマ:音楽

バニラニンジャの元メンバー エストニアの歌手 Triinu Kivilaan トリーヌ・キビラーン [エストニア アイドル]

Triinu Kivilaan トリーヌ・キビラーンは、エストニアの歌手でモデル。ヴィリャンディ出身、1989年1月13日生まれ。

2004年、人気ガールズグループ Vanilla Ninja バニラニンジャの結成時からのメンバー Maarja Kiviが脱退。バニラニンジャは、スイス代表でユーロビジョン・ソング・コンテストに参加することがすでに決まっており、そこに、メンバーとして、加わっている。

グループでは、最年少メンバーでもあり、当時は、学校にも通いつつ、活動。ところが、ユーロビジョン・ソング・コンテストには、16歳以上という規定があり、これに、17歳と主張。年齢を詐称しているとして、代表から下ろされると見られていたが、本大会で、16歳4ヶ月になることが明らかになり、参加を果す。

ユーロビジョン・ソング・コンテスト 2005に参加し、バニラニンジャは、決勝まで勝ち進み、8位。その後、グループを脱退し、ソロ歌手へ。


Fallen


Be with you

   


nice!(283) 
共通テーマ:音楽

グループで代表に選出された エストニアの歌手 Laura ローラ [エストニア アイドル]

Laura ローラは、エストニアの歌手。1988年8月30日。本名は、Laura Põldvere。

2005年、ユーロビジョン・ソング・コンテストに参加する エストニア代表を選出するコンテスト Estoniaに、ソロ歌手として参加。結果は、2位となったが、1位になった ガールズグループ Suntribのメンバーでもあり、グループとして、ユーロビジョン 2005に参加し、セミファイナルで落選。この年、Suntribは解散している。

2007年にも、コンテスト Estoniaに参加し、4位。この年、デビューアルバム 『Muusa』をリリースし、この頃、音楽活動を休止し、米ボストンへ。2009年、Estoniaに変わる コンテスト Eesti Laulに参加し、3位。

2011年には、初のコンピレーションアルバム 『Sädemeid taevast』をリリース。このアルバムには、2005年から2011年のシングルが収録されている。


Muusa


Destiny

 


nice!(278) 
共通テーマ:音楽

舞台女優としても活躍する エストニアの歌手 Birgit Õigemeel ビルギット・オイグミール [エストニア アイドル]

Birgit Õigemeel ビルギット・オイグミールは、エストニアの歌手で女優。スウェーデン最南部 スコーネ地方 マルメ出身、1988年9月24日生まれ。

子供の頃に、エストニアテレビの子供合唱団のメンバーとして、活動。コヒラ音楽学校で、バイオリンを学んでいる。

2007年、オーディション番組 Pop Idolのエストニア版 Eesti otsib superstaari シーズン1に参加し、優勝。この番組は、2007年から2012年まで放送され、エストニアでは、誰もが知る大人気番組。イタリア文化祭 L'Olivo d'Oroにも参加し、イタリア人以外では、Golden Olive Branch賞を初受賞。

この年には、シェイクスピアの初期の喜劇 『ヴェローナの二紳士』のミュージカルに、シルヴィア役で出演。2010年、『サウンド・オブ・ミュージック』では、マリア・フォン・トラップも演じている。

ユーロビジョン・ソング・コンテスト 2013にエストニア代表で出場し、決勝まで勝ち進み、20位。

『Lendame valguskiirusel』は、アルバム 『』、『Olen loodud rändama』は、アルバム 『』に収録された曲。


Lendame valguskiirusel


Olen loodud rändama

 


nice!(270) 
共通テーマ:音楽

映画 アリス・イン・ワンダーランドのサントラにも収録された エストニアの歌手 Kerli ケルリ [エストニア アイドル]

Kerli ケルリは、エストニアのシンガーソングライター。タルトゥ県エルヴァ出身、1987年2月7日生まれ。

4歳の頃に、第二次世界大戦末期から続いたソ連支配からエストニアが独立。父が自動車整備士、母がソーシャルワーカー。妹 Eliisaは、現在、ミュージシャン。

子供の頃から、社交ダンスを8年間学び、週に5日練習。歌については、幼稚園の先生が、高い声が出るなど才能を感じ、それを母親に話している。その後、歌唱コンテストへ参加するようになる。

8歳になると、クラシック音楽に興味を持ち、その他、ウェールズの女性歌手 ボニー・タイラーとイギリスの歌手 フィル・コリンズのアルバムを、当時、カセットテープで持っていたという。その後、平和な家庭ではなかったことから、現実から逃げるように、10歳から物語やポエムを書くことに没頭。

2002年、15歳で、様々な歌唱コンテストに参加し、そのほとんどで優勝。16歳で学校を辞め、音楽の道へ進み、後に渡米。シンガーソングライターでプロデューサーでもある L.A. Reidのレーベル Island Recordsと2006年に契約。

2007年には、ミニアルバム 『Kerli』、翌年、2008年には、デュースタジオアルバム 『Love Is Dead』もリリースしている。

『Tea Party』は、ティム・バートン監督の映画 『アリス・イン・ワンダーランド』のサウンドトラック 『Almost Alice オールモースト・アリス』に収録された曲。そして、『Army of Love』は、US Dance Chartで1位になったシングル曲。


Tea Party


Army of Love

 


nice!(272) 
共通テーマ:音楽
エストニア アイドル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。