So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

舞台女優としても活躍する エストニアの歌手 Birgit Õigemeel ビルギット・オイグミール [エストニア アイドル]

Birgit Õigemeel ビルギット・オイグミールは、エストニアの歌手で女優。スウェーデン最南部 スコーネ地方 マルメ出身、1988年9月24日生まれ。

子供の頃に、エストニアテレビの子供合唱団のメンバーとして、活動。コヒラ音楽学校で、バイオリンを学んでいる。

2007年、オーディション番組 Pop Idolのエストニア版 Eesti otsib superstaari シーズン1に参加し、優勝。この番組は、2007年から2012年まで放送され、エストニアでは、誰もが知る大人気番組。イタリア文化祭 L'Olivo d'Oroにも参加し、イタリア人以外では、Golden Olive Branch賞を初受賞。

この年には、シェイクスピアの初期の喜劇 『ヴェローナの二紳士』のミュージカルに、シルヴィア役で出演。2010年、『サウンド・オブ・ミュージック』では、マリア・フォン・トラップも演じている。

ユーロビジョン・ソング・コンテスト 2013にエストニア代表で出場し、決勝まで勝ち進み、20位。

『Lendame valguskiirusel』は、アルバム 『』、『Olen loodud rändama』は、アルバム 『』に収録された曲。


Lendame valguskiirusel


Olen loodud rändama

 


nice!(270) 
共通テーマ:音楽

nice! 270

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。